HAKataofuku
「ichiran ramen」

11月2日(金)からマリンメッセ福岡で始まる「第35回伝統的工芸品月間国民会議全国大会」の会場で、福岡の地元企業10社のロゴや商品がデザインされた各社オリジナルの博多人形「お福さん」が参加者を出迎えます。

 福岡市と博多人形商工業協同組合が、伝統的な特産品の博多人形を知ってもらいながら福岡の企業をPRしようと始めた「博多人形・観光大使プロジェクト」で、これまで博多人形のモダン化に携わってきた本学に依頼されたものです。

 参加企業は石村萬盛堂、一蘭、ウエスト、如水庵、博多大丸、福岡ソフトバンクホークス、福岡三越(岩田屋三越)、ふくや、明月堂、ラブエフエム国際放送の10社。学生は、企業のイメージカラーやロゴ、主力商品などをデザインに織り込み、一目で企業の特徴が分かるように工夫しました。

Exhibition

九州産業大学天神イムズでの展示の様子。

Exhibition​

薬院駅で展示の様子

Exhibition​

福岡市アジア美術館での展示の様子。

FRONT VIEW

「一蘭ラーメン」の暖簾を髪飾りとしてデザインした。胸に太宰府限定の「決定」コンセプトを利用した。

SIDE VIEW​

左側の柄は一蘭祭り用の服からのイメージでデザインした。

BACK VIEW​

太宰府の梅花を帯びにデザインした、両方の柄は太宰府限定の一蘭茶碗のイメージを利用した。

TEAM members

fukuoka city

経済観光文化局は展示やプロモーション活動などを支援する。

HAKATA NINGYO

博多人形商工業協同組合の人形師さんは学生たちが提案されたデザインに絵付けする。

design student

博多人形を現代風にアレンジし、参加会社をモチーフにデザインする。地元企業版「ハカタオフク」PR活動に協力する。